これで安心!大事な写真を確実に残す方法3選

外部のメディアに保存

パソコンやスマートフォンに入っている大事な写真データのバックアップ方法の一つとして、外部のメディアにコピーしておくという方法があります。HDDがクラッシュしたり、携帯端末の紛失や水没など、いつ何が起きるか分かりません。そこで、外付けのHDDなどに定期的にコピーしておく方法がお勧めです。基本的に外部へ持ち出すこともないので紛失の心配はない上に、起動頻度も少ないので摩耗や劣化の心配もそこまでしなくても良いという利点があります。

クラウドサービスを利用して保存

記憶媒体を自分で管理することが不安という方には、各企業が提供しているオンライン上でのサービスを利用してバックアップを取るという方法がお勧めです。企業が管理するサーバー上にデータを保存するので、管理体制は十分と言えるでしょう。また、オンラインでいつでもアクセスが可能なので、急に写真が必要になった場合は出先からでもアクセスが容易であるという点でもお勧めです。料金についてですが、容量にもよりますが無料で利用できる場所もあります。大容量の写真や動画を保存する場合でも月々数百円で利用できるサービスもあるので、自分で管理する手間を考えれば安いと思います。

紙媒体に印刷して保存する

アナログな手法ですが、歴史的に見てもかなり確実な方法と言えます。1800年代前半に撮影された写真が現存しているという事実があるので、信頼性は折り紙付きです。印刷にかかる費用や、保管場所の確保などの考えるべき点もありますが、本当に大事な写真で自分の子供や孫の代まで確実に残したいという方にはお勧めできる方法です。PCやスマートフォンを起動しなくてもすぐに閲覧できるという点などもメリットの一つなので、一度考えてみてはいかがでしょうか。

フォトブックとは、デジタルカメラで撮影した写真を使用し、結婚や子供の成長記録など色々な思い出を、自分だけのオリジナル写真集やフォトアルバムとしてネットで簡単操作でリーズナブルに作成できるサービスです。